日記一覧

恋と噓

マンガボックスで連載しているラブコメ漫画で、アニメ化と映画化もされた作品です。少子化対策のために、政府が16歳になった男女に結婚相手を通知するという世界での物語です。主人公の根島由佳吏には高崎美咲という5年間片思いを続けている少女がおり、通知が来る誕生日直前に告白して両想いであると知ります。しかし、政府からの通知で選ばれたのは美咲ではな真田莉々奈という少女でした。果たして由佳吏は、美咲と莉々奈のどちらを選ぶのかというのが主題になっています。

この作品の魅力は2人のヒロインの可愛さにあると思います。美咲はどこか秘密や影を抱えた美少女で、莉々奈は恋を知らない純情な少女です。その2人の想いにどこかしら共感すると思いますし、魅力にも繋がっています。また、様々なところに張られている伏線も魅力になっています。美咲の抱えている秘密や嘘、由佳吏の親友の仁坂悠介の行動など気になる伏線や登場人物が物語を盛り上げます。政府通知という普通ではあり得ない設定ですが、そこにリアリティを持たせているところも面白さの要因となっています。>>>>>みすずの部屋 べんぞう


暁のヨナ

暁のヨナは花とゆめにて連載されている少女漫画です。ある一国の姫だった主人公のヨナはある日、大好きだった従兄弟のスウォンに父イル王を殺され、自分も殺されそうになります。そこで幼馴染で将軍のハクに助けられるもイル王を殺した犯人として国から逃げなくてはなりませんでした。旅の中で様々な出会いがあり、国のために目の前のことにヨナが立ち向かっていくストーリーです。この作品は少女漫画ですが、戦闘シーンも多く、少年漫画好きの人も楽しめる漫画となっています。ヨナのこともスウォンのことも大好きで2人にこれからの国を支えて欲しいと思っていたハクのスウォンに対する怒りには悲しさが滲み出ています。ハクがずっと秘めていたヨナへの思いが旅の中で徐々にヨナに伝わっていくところ、ハクが思いをこじらせているところ、ヨナがハクへの気持ちに気付くもその思いを上手く出せないところなど、この2人の恋愛をもっと見たい!という気持ちになります。>>>>>ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして


ワンピース今後の考察

現在、週刊少年ジャンプで連載中のワンピース。今は和の国でカイドウに囚われているルフィ。それを追うビッグマムですが、これからどうなることでしょう。個人的にはキット・ロー・ルフィで新生代の同盟を組んでカイドウ・マムに挑んでほしいですね。そこで、今回の記事ではホーキンスの動向について記事を作成していきます。初めては、シャボンディででてきたホーキンス。黄猿と戦うぐらい勢いずいていたのになぜ百獣の海賊団の傘下になっているのでしょうか。やはりここには100%裏がありますよね。

ホーキンスはキッドと同盟を組んでいたので、なんらかのタイミングで、ルフィ・キッド・ロー・ホーキンスで共闘すると踏んでいます。百獣の海賊団は強者ぞろいです。もっと戦力を整えないといけないという考えからホーキンスがスパイ活動をしているのではないでしょうか。そして、タイミングをみて、カイドウを倒す。 運よく麦わらの一味とロー、ミンク族などと一緒に大規模な戦いを起こしていくのではないでしょうか。今後の展開が楽しみですね。PRサイト:ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして


ハイキュー!!

「ハイキュー!!」は週刊少年ジャンプで現在も連載されている、バレーボール漫画です。アニメ・舞台化もされている人気漫画として知られています。身長が低いが、並外れた身体能力を持っているミドルブロッカー・日向翔陽と天才的な技術を持ちながら、チームメイトとの関係性が上手くいかなかったセッター・影山飛雄の凸凹1年生コンビを中心に、頼れるチームメイトと全国制覇を目指す作品。日向と影山の「変人速攻」と呼ばれる必殺技を筆頭に、様々な選手が自分の武器を持っており、見ていて飽きることはありません。チームメイトだけでなく、ライバルチームにも個性的な選手が数多くいるのが特徴的です。特に及川徹を中心とした青葉城西高校との2度の死闘は涙なしに読むことはできません。またチームメイトとの関係も、ただ仲がいいだけでなく、衝突しながらも人として成長していく様が見る事が出来るのも人気の秘訣だと思います。スポーツ漫画を始めて読む人にもおすすめのシリーズになっています。>>>>>ガリガリ娘を拾ったら


現在進行系のキン肉マンの魅力

キン肉マンは2011年にシリーズを再開していますが、その前までにキン肉マンII世を10数年もの間週刊連載し続けていただけに、画力が凄まじく向上しており、ストーリーの勢いも増すばかりで毎週の公開が非常に楽しみです。キン肉マンのシリーズでは自由の女神や金閣寺などの歴史的な建造物が作中の超人によって建造されたものの名残りであるという超越的な理論がかつてから存在していてわけのわからない説得力が大変面白かったのですが、最新のシリーズに至っては織田信長が超人墓場という超人の中でも特に強者が集まる地に攻め込もうとしていたという説が登場し驚かされました。織田信長が超人であるとか、織田信長を超人が操っていたということまでは常人に思いつく線とも思いますが、作中で超人より弱い存在である人間の織田信長がキン肉マンの作中でも最強クラスの超人集団に攻め込もうとしていたという発想は脱帽としか言いようがありません。しかもそこまでの強烈なアイデアがストーリーの本筋そのものではないというところもキン肉マンの底知れぬ面白さにつながっていると言えます。


あひるの空

あひるの空は日向武史さんの青春スポーツ漫画です。バスケ少年である主人公は車谷空。高校生ながら149㎝と大変小柄な彼がバスケットボールと真剣に向き合う姿。そして天性の才能。母との約束。感動しかありません。彼が入学したのはクズ高校。最初はバスケをやるには困難な状況だったが千秋と百春の兄弟。天才少年トビ、続々メンバーが集まり順調に進みだすバスケ部に挫折や事件が次々と巻き起こる。空たちは、どう立ち向かっていくのか?そんな感じで進んで行くストーリーです。

一家でバスケを愛する我が家。そして背が小さい。とかく背が大きいからバスケ始めました。と言うようにバスケは大きい人のスポーツみたいに思っている日本のバスケに本当に正面からぶつかってくれてる。と賞賛します。そして勇気をもらっている漫画です。努力に勝るものはない。小さくたって負けない。マンガではありますが、私のそして私の子どもたちの教科書のような作品です。

友との絆。親子愛。バスケをやっている人には絶対に読んで欲しいですね。ひとりの熱意が何物をも動かし、限りない力になることを知ることができる漫画です。