あひるの空

あひるの空は日向武史さんの青春スポーツ漫画です。バスケ少年である主人公は車谷空。高校生ながら149㎝と大変小柄な彼がバスケットボールと真剣に向き合う姿。そして天性の才能。母との約束。感動しかありません。彼が入学したのはクズ高校。最初はバスケをやるには困難な状況だったが千秋と百春の兄弟。天才少年トビ、続々メンバーが集まり順調に進みだすバスケ部に挫折や事件が次々と巻き起こる。空たちは、どう立ち向かっていくのか?そんな感じで進んで行くストーリーです。

一家でバスケを愛する我が家。そして背が小さい。とかく背が大きいからバスケ始めました。と言うようにバスケは大きい人のスポーツみたいに思っている日本のバスケに本当に正面からぶつかってくれてる。と賞賛します。そして勇気をもらっている漫画です。努力に勝るものはない。小さくたって負けない。マンガではありますが、私のそして私の子どもたちの教科書のような作品です。

友との絆。親子愛。バスケをやっている人には絶対に読んで欲しいですね。ひとりの熱意が何物をも動かし、限りない力になることを知ることができる漫画です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする